from Memphis & Galveston

アクセスカウンタ

zoom RSS 病院へ行こう(その8)

<<   作成日時 : 2006/09/05 10:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も検診の日でした。8ヶ月に入るとこちらでも検診は2週おきにあります。
今日は31週6日目。早いもので明日で9ヶ月。
最近ではお腹が外からみて分かるくらいもぞもぞ動いてます・・・・。

今日クリニックについて受付したら、”今日195ドル払う?”と聞かれました。
前にそういえば一度195ドル払ったけどまた払うのかな??と思って聞いてみたところ、出産前に1360.5ドル払っておかないといけないのだけどこれをちょっとづつ払っていく、ということらしい。
健康保険をもってる人の場合、普通分娩ではかかった医療費の20%が患者負担で最高1750ドルかかる(これ以上は免責)のだけど、最低でも1300ドルかかるので出産前にこれを払って残りの金額を出産後支払うというシステムになっているのです。
ということで今日は195ドルお支払い。もちろんカード。
どうもこれから毎回支払うことになるらしいです。
こういう風に分割払いできたり、事前に払っておくっていうところは、アメリカらしいですね〜。
とにかく何かと合理的。

診察は今日は特に特別なことはなく、いつもの検尿と血圧測定と心音の確認くらい。
ちなみにこの前の血糖の検査はやっぱり正常だったと検査の数日後先生がメールくれました。
でも・・・前回、後期のエコーをいつやるのか聞いたら、電話くれるって言っていたと思ったのに電話こなかったんだけど大丈夫なのだろうか??
と思っていたら先生もコンピュータを確認してエコーがまだなことに気づきエコーの日程を確認しに行ってくれました。
やはりホントは先週のうちにやっておかないといけなかったらしい・・・。
帰りにまた受付でエコー室に電話して予約をとってもらうことに。

しかし。エコー室に問い合わせたら、8月31日に予約入ってたのにこなかったことになってました。
いつもはエコー室から産婦人科に予約の連絡が来てこちらに電話してくれるのだけどどうも連絡ミスだったらしい。
完璧に連絡がどこかでストップしていたらしく、いつもは診察も検査も数日前に郵便で予約の確認の手紙がくるのにこれに限って手紙もきてませんでした。(っていうかこの確認の手紙ってこういう時にこそこなくちゃホントにムダだよね)
やりとりを聞いてるとどうもエコー室では”産婦人科が悪いんだろ〜”って感じらしく、婦人科は婦人科で”連絡なんて来なかったわよ〜”なんて責任の押し付け合いしてました。
結局至急で検査を入れるよう頼んだけどエコーはエコーで予約がいっぱいでどうにもならないらしく後で電話をもらうことに。
まあ、ここはアメリカですからね、何しろ。全然ありえます。

写真が無いので今日はこの前作ったソーセージパスタの写真でも。

画像


このソーセージ、そこらへんのスーパーで買えるんだけど結構おいしいです。
ちなみにこれ。

画像


このパスタはこのソーセージの他にカラマタオリーブ・ベビースピナッチ(ほうれん草の小さいの)・玉ねぎのみじん切りを入れました。
トマトソースはRaguっていうパスタソースが意外においしいという情報をゲット。
さらにホールトマトとか、イタリアンハーブミックスとか、ローリエ・ガーリックなどをちょっと入れるだけでバージョンアップ。瓶詰めを買ってきたとは思えない仕上がりに。

その後結局今日は産婦人科からの連絡はナシ。
ふうむ・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
病院へ行こう(その8) from Memphis & Galveston/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる