from Memphis & Galveston

アクセスカウンタ

zoom RSS 母乳

<<   作成日時 : 2006/11/19 13:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

しばしのご無沙汰でした。
今日、出産からずっとお手伝いに来てくれていた実家の母が日本に帰国しました。
赤ちゃんのお洋服のお洗濯とか、お食事の用意とか、本当にいろいろお世話になりました。
出産後2日目に退院となったので、退院直後は切開が痛くて歩くのもままならないし、日本と違って入院中にあまりいろんなことを教えてくれないのでやっぱりお手伝いに来てもらってとっても助かりました!

出産前は新生児のケアなんて、授乳とオムツがえだけだよね、なんて思っていましたが甘かった・・・。
結構授乳、大変でした。
入院中病院で母乳が出ない間、ミルク(こっちではフォーミュラと呼んでいますが)を与えてしまったら、母乳飲まなくなっちゃったんですよね。
こっちの病院って入院すると紙おむつやら粉ミルクがオムツ用のバッグに入っているセットやらいろいろくれて至れり尽くせり。
入院中はディスポの乳首をつければすぐに授乳できるようになってるこんな液体のフォーミュラも用意されています。

画像


・・・が。このディスポの乳首、傾けるだけでどんどんでてくるくらい飲みやすくなっていて簡単に飲めてしまうのでこれに慣れちゃうと母乳は飲めなくなっちゃうんです。
これも企業の戦略なんだろうけど・・・。
最初の1〜2日は母乳も全く出なかったし、入院中このフォーミュラを飲ませちゃったら自宅に帰ってきた時にはおっぱいをくわえさせようとすると大泣きするようになっちゃいました。
入院中指導の人が3人がかわるがわるやってきたんだけど、毎回かなりしつこく嫌がる子供を強引に吸い付かせようとしたっていうのも嫌がるようになっちゃった一因のよう。

そのうちたくさん母乳が出るようになったら母乳飲んでくれるかな〜?って思っていたけどやっぱり毎回母乳を飲ませようとすると大泣きするし、全然ダメ。
日本にいる一年前に出産した産婦人科のお友達に相談したら、やっぱりミルクを与えないようにしないと母乳も出るようにならないし、哺乳瓶も母乳保育用のを使わないといけないらしい・・・。
でもこっちにそんな哺乳瓶ないしな〜と思っていたら、このお友達が日本から哺乳瓶数本と母乳保育に関する本など、送ってくれました。
これ、その名も母乳相談室っていう哺乳瓶。しっかりかまないとミルクがでてこないのです。

画像


哺乳瓶と一緒に母乳保育に関する本も送ってくれたんだけどこれによると母乳が出るようにする為には母乳マッサージをしたり夜中にも搾乳したりしないとけないらしい・・・。
そしていろいろ頑張ってやっと生後10日目くらいになってある程度母乳が出るようになったのでちょっと強引だったけど、ミルクをやめて母乳だけにしてみたのでした。
最初はもう子供がお腹が空いてめちゃめちゃ大泣き!!
でもやっぱりお腹がすくとしかたなく母乳を飲みだしてようやく何とか飲めるようになったのでした。
いや〜、本当にこのお友達のお陰ですね〜。感謝、感謝!!

でも母乳が飲めるようになったから、と安心してフォーミュラを与えたら、また母乳を嫌がるようになってしまい、しかたなく2日くらい母乳のみで頑張ることに。
この二日間はホント大変でもうずっと授乳しっぱなしの2日間となってしまいました。
・・・・すると。
今度はずっと抱っこしてないと泣いちゃうし、眠るときもおっぱいをくわえてないと眠れないらしく、眠くてもかなりぐずってしまうようになっちゃいました。
生まれたばっかりのころはほとんど泣かない子だったのに・・・。
しかも母乳も片方の乳首が吸いにくい形らしく、片方しか吸えないので吸わない方は相変わらず搾乳が必要で相変わらず搾乳生活が続く毎日。
子育ては思うように行かないものだとは思っていたけど授乳ひとつでもとっても大変なことが分かった3週間でした。

・・・でもやっぱりどんなに大変でもかわいいからしかたないか〜なんて相変わらず親バカ炸裂ちゃってる私なのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
母乳 from Memphis & Galveston/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる